[科学]生活: モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡

[科学]生活

掃除(そうじ)・清掃、洗濯、メンテナンス、DIY、節約などの方法・アイデア、その他生活の知恵・工夫をテーマにしています。

モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡

「モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡」カテゴリのコンテンツ

モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 12 ページあります。

  1. メガネ(眼鏡)

    メガネとは 【a pair of glasses】 メガネの定義・意味・意義 メガネとは、近視、遠視、乱視といった屈折異常や老眼、斜位・斜視などの不完全を視力を矯正・調整したり、強い光(紫外線等)等が...
  2. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―ガラスレンズ

    ガラスレンズとは ガラスレンズの定義・意味・意義 ガラスレンズとは、素材がガラスのレンズをいいます。 ガラスレンズの位置づけ・体系 メガネのレンズの主な素材はガラスとプラスチックです。 ガラスレンズ ...
  3. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―プラスチックレンズ

    プラスチックレンズとは プラスチックレンズの定義・意味・意義 プラスチックレンズとは、素材がプラスチックのレンズをいいます。 プラスチックレンズの位置づけ・体系 メガネのレンズの主な素材はガラスとプラ...
  4. メガネ―性能を決める要素―屈折率

    屈折率とは 屈折率の定義・意味・意義 光は空気中から他の物質(水、ガラス、レンズなど)に入ると曲がる(屈折する)性質があります。 これを光の屈折といいます。 一般に屈折率とは、この光の屈折の割合、つま...
  5. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―バイフォーカル

    バイフォーカルとは バイフォーカルの定義・意味・意義 バイフォーカルとは、ひとつのレンズ内に、たとえば遠距離用と近距離用といった2つの目的に応じて2つの度数(2重焦点)があるレンズをいいます。 異なる...
  6. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ

    累進レンズとは 累進レンズの定義・意味・意義 累進レンズとは、ひとつのレンズ内で度数が境目がなく徐々に変化するレンズをいいます。 「境目のない遠近両用レンズ」などとも呼ばれています。 累進レンズの経緯...
  7. メガネ―性能を決める要素―レンズ設計―非球面レンズ

    非球面レンズとは 非球面レンズの定義・意味・意義 非球面レンズとは、球面ではなく、カーブが変化する曲面からできているレンズをいいます。 非球面レンズには、外面非球面・内面非球面・両面非球面といった種類...
  8. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート

    マルチコートとは マルチコートの定義・意味・意義 マルチコートとは、反射を防止するためにレンズ表面に施された(コーティングされた)多層コートをいいます。 マルチコートの目的・役割・機能 透過率向上・反...
  9. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―ハードコート

    ハードコートとは ハードコートの定義・意味・意義 ハードコートとは、レンズに傷がつくのを防止するためにレンズ表面に施された(コーティングされた)コートをいいます。 ハードコートの目的・役割・機能 レン...
  10. メガネ―評価

    メガネの評価・批評・批判など 否定的見解等 視力低下 メガネをかけたために視力が低下したという話はよく耳にします。 実際、たとえば、次のような見解があります。 一般的に、メガネをかけるということは、&...
  11. メガネ―法律上の取り扱い(取扱い)

    メガネの法律上の取り扱い(取扱い) メガネは非常にポピュラーな道具ですが、日本でメガネは微妙な立場にあります。 医療機器 法律上、メガネ(視力補正用)は医療機器に位置づけられています。 薬事法(定義)...
  12. プリズム眼鏡

    プリズム眼鏡とは プリズム眼鏡の定義・意味・意義 プリズム眼鏡とは、通常のメガネのレンズにプリズムを組み込んだものをいいます。 プリズム眼鏡の趣旨・目的・役割・機能 斜位・斜視の矯正 プリズム眼鏡は、...


関連コンテンツ

「モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー