[科学]生活: ハードウェア―撮像素子(イメージセンサー)

[科学]生活

掃除(そうじ)・清掃、洗濯、メンテナンス、DIY、節約などの方法・アイデア、その他生活の知恵・工夫をテーマにしています。

ハードウェア―撮像素子(イメージセンサー)

「ハードウェア―撮像素子(イメージセンサー)」カテゴリのコンテンツ

ハードウェア―撮像素子(イメージセンサー)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 撮像素子(イメージセンサー)

    撮像素子とは、デジタルカメラ等によるデジタル画像の撮影において、レンズから取り込んだ光を電気信号(デジタル)に変換する電子部品(センサー)をいう。
  2. 撮像素子―具体例―CCD

    CCDとは 【charge coupled device】 CCDの定義・意味・意義 CCDとは、デジタルカメラ等によるデジタル画像の撮影において、レンズから入ってきた光を電気信号(デジタル)に変換す...
  3. 撮像素子―具体例―CMOS

    CMOSとは 【complementary metal oxide semiconductor】 CMOSの定義・意味・意義 CMOSとは、デジタルカメラ等によるデジタル画像の撮影において、レンズから...
  4. 撮像素子―性能を決める要因①―画素数―画素(ピクセル)

    画素とは 【pixel】 画素の定義・意味・意義 画素とは、デジタルで画像を取り扱う場合の最小単位(デジタル画像情報の最小単位)をいいます。 つまり、画像を(連続したアナログデータではなく)デジタルデ...
  5. 撮像素子―性能を決める要因②―撮像素子の大きさ(面積・サイズ)

    撮像素子が大きければ1画素あたりの受光量が増えて、忠実に色を再現できるので、同じ画素数であれば高画質になる。


関連コンテンツ

「ハードウェア―撮像素子(イメージセンサー)」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「ハードウェア―撮像素子(イメージセンサー)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー