ジャギー―ドット(出力デバイスの物理的最小単位) - [科学]生活

[科学]生活

掃除(そうじ)・清掃、洗濯、メンテナンス、DIY、節約などの方法・アイデア、その他生活の知恵・工夫をテーマにしています。


ジャギー―ドット(出力デバイスの物理的最小単位)


ドットとは 【dot

ドットの定義・意味・意義

ドットとは、プリンター・スキャナーや液晶ディスプレイ・モニターなど出力デバイスの物理的な最小単位をいう。

ドットと関係・関連する概念

類似概念・類義語
ピクセル

ドットが出力デバイスの物理的な最小単位であるのに対して、ピクセルは画像情報自体の最小単位をいう。

ドットの趣旨・目的・役割・機能

ジャギーの軽減

ドットが細かくなり、1インチあたりのドット数=dpiが大きくなると、それだけジャギーが軽減し、高画質(なめらかで見やすく目が疲れない等)になる。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「ディスプレイの表示性能を決める要素―高画質―dpi・ppi」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ジャギー
  2. ジャギー―ピクセル(画像情報の最小単位)
  3. ジャギー―ピクセル―ppi
  4. ジャギー―ドット(出力デバイスの物理的最小単位)
  5. ジャギー―ドット―dpi


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「ディスプレイの表示性能を決める要素―高画質―dpi・ppi」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー