メガネ―性能を決める要素―レンズ設計―非球面レンズ - [科学]生活

[科学]生活

掃除(そうじ)・清掃、洗濯、メンテナンス、DIY、節約などの方法・アイデア、その他生活の知恵・工夫をテーマにしています。


メガネ―性能を決める要素―レンズ設計―非球面レンズ


非球面レンズとは

非球面レンズの定義・意味・意義

非球面レンズとは、球面ではなく、カーブが変化する曲面からできているレンズをいいます。

非球面レンズには、外面非球面・内面非球面・両面非球面といった種類がありますが、単に非球面レンズという場合は通常、外面非球面を指しています。

非球面レンズの目的・役割・機能

1.収差の減少

レンズは球面が基本です。

しかし、度数が強くなるほど収差)が大きくなります。

そこで、これを防ぐために非球面レンズの研究・開発がされてきました。

2.薄さ

球面レンズではレンズを薄くするにはカーブを浅くすればいいのですが、それでは収差が大きくなります。

しかし、非球面レンズは収差を抑えてカーブを浅くして、レンズを薄くできます。

非球面レンズのメリットとデメリット

メリット・長所・利点・有利な点
1.収差・周辺部の歪みの減少

非球面レンズでは、収差が少なく、周辺部の歪み(ゆがみ)が少なくなると一般に言われています。

つまり、球面レンズよりも周辺部が自然に見えるということです。

しかし、度が強くなければ、球面レンズでも自然に見えます。

また、周辺部の歪みは、レンズのカーブの深さによって大きく左右されます。

カーブが深いほど、レンズは厚くなりますが、光学性能は上がって周辺部の歪みは少なくなります。

したがって、球面でカーブが深いレンズのほうが、非球面でカーブが浅いレンズより周辺部の歪みが少なくなる場合もあります。

中心のカーブの深さが同じであれば、非球面レンズのほうが歪みはわずかに少なくなります。

2.レンズの厚さを薄く・軽くできる

非球面レンズでは、レンズの光学性能をそれほど落とすことなく、カーブを浅くできます。

したがって、レンズの厚さを薄くして軽くすることができます。

現実的には、これが非球面レンズにする最大の理由で、非球面レンズ=光学性能が高いということではありません。

デメリット・短所・欠点・弱点・不利な点
価格が高い

レンズ周辺部の度数が弱くなる

非球面レンズではレンズ周辺部ほど若干度数が弱くなります。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. メガネ(眼鏡)
  2. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―ガラスレンズ
  3. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―プラスチックレンズ
  4. メガネ―性能を決める要素―屈折率
  5. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―バイフォーカル
  6. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ
  7. メガネ―性能を決める要素―レンズ設計―非球面レンズ
  8. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート
  9. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―ハードコート
  10. メガネ―評価
  11. メガネ―法律上の取り扱い(取扱い)
  12. プリズム眼鏡


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡 の位置づけ

現在のカテゴリ:「モノ―身体の延長―目―メガネ・眼鏡」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー