[科学]生活: ピントと構図

[科学]生活

掃除(そうじ)・清掃、洗濯、メンテナンス、DIY、節約などの方法・アイデア、その他生活の知恵・工夫をテーマにしています。



ピントと構図

「ピントと構図」カテゴリのコンテンツ

ピントと構図」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 9 ページあります。

  1. ピント

    ピントとは、カメラのレンズの焦点をいう。
  2. ピント―ピント合わせ―フォーカスモード

    フォーカスモードとは、被写体の動き、撮影条件などに応じて選択するカメラのピント合わせの方法をいう。
  3. ピント―ピント合わせ―フォーカスモード―シングルAF

    シングルAFとは、シャッターボタンを半押ししてフォーカスエリアにある被写体にピントを合わせるとフォーカスロック(ピントが固定されること)され、再度シャッターボタンを離して押し直さない限り、構図を変えても同じピント位置を維持し続けるフォーカスモードをいう。
  4. ピント―ピント合わせ―フォーカスモード―コンティニュアスAF

    コンティニュアスAFとは、シャッターボタンを半押しすると、フォーカスロック(ピントが固定されること)はせずにフォーカスエリアにある被写体にピントを合わせ続けるフォーカスモードをいう。
  5. ピント―ピント合わせ―フォーカスエリア(AFエリア・AFフレーム)

    フォーカスエリアとは、フォーカスモードをオートフォーカスにしたときにピントを合わせる範囲をいう。
  6. ピント―被写界深度

    被写界深度とは、ピントを合わせた被写体の前後でピントが合っている(ように見える)範囲をいう。
  7. ピント―被写界深度―ボケ

    ボケを決定する要因には①撮像素子②被写界深度(絞り・焦点距離)③ピント位置がある。
  8. ピント―被写界深度―パンフォーカス

    パンフォーカスとは、画面内の被写体全体にピント(焦点)が合っている状態、または、そのように撮影する手法をいう。
  9. 構図―写る範囲

    カメラで撮れる写真の範囲は①焦点距離②撮像素子の大きさによって決まる。



関連コンテンツ


「ピントと構図」の位置づけ

現在のカテゴリ:「ピントと構図」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー