撮影モード - [科学]生活

[科学]生活

掃除(そうじ)・清掃、洗濯、メンテナンス、DIY、節約などの方法・アイデア、その他生活の知恵・工夫をテーマにしています。


撮影モード


撮影モードとは

撮影モードの定義・意味など

撮影モード(さつえいモード)とは、露出の決定要因である絞りシャッタースピードISO感度ホワイトバランスを設定する方法をいう。

通常、モードダイヤルなどを回して希望の撮影モードに設定する。

撮影モードの分類・種類

デジタルカメラの撮影モードは次のような種類に分類できる。

名称はカメラにより異なる。

参考:伴貞良 『今すぐ使えるかんたんmini SONY RX100 基本&応用 撮影ガイド[RX100IV/RX100III/RX100II/RX100完全対応]』 技術評論社、2016年、36項。

撮影モードの位置づけ・体系(上位概念等)

デジタルカメラにはさまざまな設定項目があるが、自分の撮影意図を反映するため、撮影モードは一番最初に決定しないといけない設定項目である。



| 現在のカテゴリ:撮影モード |

現在のカテゴリ:撮影モード

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「撮影モード」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 撮影モード
  2. 撮影モード―オートモード(おまかせオート)
  3. 撮影モード―シーンモード(シーンセレクション)
  4. 撮影モード―プログラムオート
  5. 撮影モード―プログラムオート―プログラムシフト


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:撮影モード の位置づけ

現在のカテゴリ:「撮影モード」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー