撮影モード―プログラムオート―プログラムシフト - [科学]生活

[科学]生活

掃除(そうじ)・清掃、洗濯、メンテナンス、DIY、節約などの方法・アイデア、その他生活の知恵・工夫をテーマにしています。


撮影モード―プログラムオート―プログラムシフト


プログラムシフトとは

プログラムシフトの定義・意味など

プログラムシフトとは、撮影モードプログラムオートである場合、カメラが自動的に決定した露出を一定にしたまま、撮影者がF値絞り値)とシャッタースピードの組み合わせを変更できる機能をいう。

プログラムシフトの目的・役割・意義・機能・作用など

露出F値シャッタースピードの組み合わせで決まるので、同じ露出(写真の明るさ)になる組み合わせは何通りも存在する。

たとえば、露出を一定にしたまま、F値を上げたら(F値を大きくする・絞りを閉じて絞り穴を小さくする)、その分シャッタースピードは遅くなる。

プログラムシフトはこれにもとづく。

この組み合わせを変更することにより、絞りではボケ味シャッタースピードでは動きの描写性に違いが出てくる。

このボケ味と動きの描写性をどう表現したいかに応じて、プログラムシフトでベストな組み合わせを選択する。

参考:伴貞良 『今すぐ使えるかんたんmini SONY RX100 基本&応用 撮影ガイド[RX100IV/RX100III/RX100II/RX100完全対応]』 技術評論社、2016年、71項。



| 現在のカテゴリ:撮影モード |

現在のカテゴリ:撮影モード

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「撮影モード」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 撮影モード
  2. 撮影モード―オートモード(おまかせオート)
  3. 撮影モード―シーンモード(シーンセレクション)
  4. 撮影モード―プログラムオート
  5. 撮影モード―プログラムオート―プログラムシフト


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:撮影モード の位置づけ

現在のカテゴリ:「撮影モード」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー