撮影モード―プログラムオート - [科学]生活

[科学]生活

掃除(そうじ)・清掃、洗濯、メンテナンス、DIY、節約などの方法・アイデア、その他生活の知恵・工夫をテーマにしています。


撮影モード―プログラムオート


プログラムオートとは

プログラムオートの定義・意味など

プログラムオートとは、露出に関するF値絞り値)とシャッタースピードだけをカメラが自動で設定する撮影モードをいう。

プログラムオートの位置づけ・体系(上位概念等)

撮影モード

プログラムオートは撮影モードのひとつである。

デジタルカメラの撮影モードは次のような種類に分類できる。

名称はカメラにより異なる。

参考:伴貞良 『今すぐ使えるかんたんmini SONY RX100 基本&応用 撮影ガイド[RX100IV/RX100III/RX100II/RX100完全対応]』 技術評論社、2016年、36項。

プログラムオートの目的・役割・意義・機能・作用など

プログラムオートは銀塩カメラの時代から続く伝統的な自動露出モードである。

露出F値シャッタースピード)に関してはカメラに自動的に決定させるが、ISO感度ホワイトバランスなどの設定については自分で設定したい場合に用いる。

たとえば、画質を優先するため、ISO感度はマニュアルで低めに設定し、F値シャッタースピードはカメラに決めさせる、という具合に使用する。

伴貞良 『今すぐ使えるかんたんmini SONY RX100 基本&応用 撮影ガイド[RX100IV/RX100III/RX100II/RX100完全対応]』 技術評論社、2016年、80項。

プログラムオートと関係する概念

派生概念
プログラムシフト



| 現在のカテゴリ:撮影モード |

現在のカテゴリ:撮影モード

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「撮影モード」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 撮影モード
  2. 撮影モード―オートモード(おまかせオート)
  3. 撮影モード―シーンモード(シーンセレクション)
  4. 撮影モード―プログラムオート
  5. 撮影モード―プログラムオート―プログラムシフト


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:撮影モード の位置づけ

現在のカテゴリ:「撮影モード」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー